Just another WordPress site

不動産投資のリスク
未分類 | 01月08日更新

住民同士のトラブルというリスクを回避する意識

生活をして行くと言うことは、自分たちのことだけ考えて行けば良いわけではありません。住まいに付き物なのが、住民同士のトラブルといったリスクです。
一戸建てであれば近隣の住民への影響、マンションなどの集合住宅であれば、隣室や上下階はもちろんのこと、共用施設といった物もありますから、気を付けなければいけないポイントが多くあります。マンション自体が全住人の共有物と言った意識を持って、協調性を持って生活して"

" (続きを読む...)

未分類 | 01月08日更新

天災・火事などのトラブルのリスクを考えた住まい選びと生活

住まいを設ける際、また日々暮らしている時に気を付けておきたいことと言えば、天災・火事などのトラブルのリスクに関することです。こういった被害は滅多にないと考えることもあるでしょうが、だからと言って意識が薄れて良いわけではありません。よく、こういったことは「忘れた頃にやって来る」と言いますが、いつ天災・火事などが起きても対処できるよう、しっかりとした心がけや準備をしておくことが大切です。
例えば、住ま"

" (続きを読む...)

未分類 | 01月08日更新

賃貸経営での地価値下がりリスクについて

アパートやマンションなどの賃貸経営は、不動産という実物資産による資産運用ですから、その安定性や確実さが魅力的です。

年間利回りで言えば10%を超えるような物件もありますので、修繕などの費用を含まなければ10年弱で元が取れることになります。

ただ、そこで気になるのが地価値下がりのリスクです。確かに、どんな土地であっても価格が値下がりする危険を避けることはできません。

しかし、そのリスクを抑える"

" (続きを読む...)

未分類 | 01月08日更新

不動産は流動性が低いというリスクを考える

資産運用のひとつの方法として不動産を購入するという方法があります。
メリットとしては、賃貸として貸し出した場合、家賃収入を得ることが出来るという点があります。
しかし、入居者が出て行ってしまい、新しい入居者が入るまでは無収入となってしまうことになるので注意が必要です。
また、不動産投資におけるリスクのひとつとしては流動性が低いという点も挙げることが出来ます。
株式などの場合、即座に売却することが出"

" (続きを読む...)

未分類 | 01月08日更新

賃貸経営と金利の上昇リスクについて

賃貸のマンションやアパート、あるいは一戸建てによる不動産経営において、金利の上昇は確かにリスクの一つです。

その前にご紹介したいのは、なぜ賃貸経営は人気があるか、という点です。その大きな理由が、相続税対策ができるからです。

賃貸物件にすることで資産の評価を低くすることができ、さらに借入金で住宅の建設などをすれば、さらに節税ができます。

そのため、銀行などから借金をして賃貸経営をする方が多いわ"

" (続きを読む...)

未分類 | 01月08日更新

家賃の滞納のリスクを軽減させる

物件の経営を行うことで、家賃の滞納のリスクも出てきてしまいます。
マンションなどの物件の経営を行えば、毎月決まった額の収入を得られるようになるのですが、その一方で家賃の滞納の心配が出てきてしまうのです。
入居していた方が職を持っていたとしても、職を失うことで収入がなくなってしまいますし、支払に対してルーズな方が入居してしまうことで、毎月の賃料も確実に払ってもらえなくなってしまうのです。
家賃の滞納"

" (続きを読む...)

未分類 | 01月08日更新

賃貸経営の空室リスクについて

アパートが空室の状態では、賃料が入らず、収入になりません。この空室リスクは、空室の割合が多くなれば、それだけ収入が落ちてしまいます。賃貸経営を始めて、それ以後ずっと満室であることが理想ですが、空室リスクは、賃貸経営をしていればよくあることなので、考えておく必要があります。空室になった時に、どれだけ早く、空室を埋めることができるのかを考えておく必要があるのです。
部屋や建物自体の魅力を高めておくこと"

" (続きを読む...)